2017 金運財布

財布風水から選ぶ【2017金運財布ブランドとカラー】金運アップ方法ナビ

2017年 酉年に金運財布を手に入れる為には、財布風水が大事

福種銭とは?

読了までの目安時間:約 2分

福種銭とは、神社でご祈祷された10円玉のことを言います。
福種銭とはつまり、50円を奉納すると、10円をもらえるということになります。
大切に持ち歩くお金ではなく、使って良いお金です。
このお金を使うと、家庭が円満になり、商売が繁盛し、大きな幸せがかえってくると言われています。
お土産としても人気があります。 

福種銭とは、美保神社でもらうことができます。
島根県と鳥取県の境にある神社で、JR境港駅から車で20分ほどのところにあります。海沿いの道を進んだ美保関港の置くにあります。 

美保神社は、商売繁盛や海に携わる人の安全や大漁祈願をするための神社です。
ここでまつられているのは、出雲大社の大国主命の子供(恵比寿様)と妻(三穂津姫命)の2人の神さまであり、出雲大社にまずお参りし、次に美保神社にお参りすると良いとされています。
両方お参りをすれば、それだけ願いがかないやすくなります。 

美保神社の絵馬には、糸と竹竿がついています。
釣竿をイメージしているのがこの絵馬の特徴です。
絵馬に夢を書くと、その人の夢を釣り上げると言われています。
絵馬には鯛が描かれており、口には稲がくわえられています。
見ているだけで、めでタイことが起きそうです。 

美保神社は、自分一人ではどうしてもうまくいかないとき、家庭の問題で悩んでいるときなどに適しています。
商売繁盛、家庭円満などのご利益がある神社だからです。
温かい気があふれる楽しい神社である美保神社は、訪れる人を幸せにしてくれるパワーがあります。

ツバメは縁起がいい鳥です

読了までの目安時間:約 2分

ツバメは縁起がいい鳥だと言われています。
たとえば、軒下に巣が作られていると、その家の人は良いことがある、と言われています。 

ツバメは縁起の良い鳥、吉をもたらす鳥というのが、昔から言われていることです。
ツバメが巣をかけると、その家は栄える、と言われています。
特に、屋内や座敷などに巣ができると、最高に良いと言われています。
逆に、不幸や災害が起こるような家には、この鳥はやってこない、と言われています。 

また、繁栄と幸福をもたらす鳥とも言われています。
巣をつくる、つくらないということではなく、鳥そのものついての取り扱いについて言うことです。
たとえば、危害を加えてしまうと、不幸になると言われています。
病気になるとか、目がつぶれるとか、貧乏になるともいわれています。 

というわけで、玄関先などにできたら、とってしまわず、そのままにしておくと、良いことが起こりそうです。
ただ、糞を落とされたりして、掃除が大変になることも、考えられます。
だから、いいことばかりではないのですが、もっと、より大きな幸せを運んでくれることを願って、そこに住まわせてあげると、良いかもしれませんね。
親がせっせとえさを運び、雛に与える情景は、見ていてほほえましいです。
そういうところで癒されるのも、心にとっての幸せと言えるのかもしれません。 

現代の家屋では、屋内に巣をつくられる、ということはそうそうないかもしれません。
でも、軒下なら、可能性がありますね。

日めくり開運カレンダー
当サイト管理人 プロフィール
福丸
金運財布アドバイザー :福丸


あなたに、ふさわしい素晴らしい金運財布に出会えること祈っております^^

詳しいプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
固定ページ
最新の開運情報をつぶやいてマッセ♪
 
クロム